忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水樹さんのチケットが買えなかったorz
うう。・゚・(ノД`)・゚・。まずPCでやって・・・駄目だったからローソン行ったら丁度ロッピー故障中で…もう一つのローソンまで行こうとしたらチャリのまま滑って……なんというさんざんな結果。
昨日もなのはfigma買いに行ったときに鳩の糞に当たりそうになったし…(ギリギリで回避

苛々をぶつけるように、小説に没頭してます。・゚・(ノД`)・゚・。








「了解、しました…」

連隊長からの命令に、私は頷くしかない。

『では、第一大隊から第四大隊まで、ヨンマルマル時を持って、突撃する。貴様には、ヨンサンマル時までに例の八人の―――――』

「…はっ」

私は通信に向かって敬礼し、それが切れるのを待つ。
程なく画面が消えると、私はゆっくり息を吐いて椅子に腰を落とした。

どうやら明後日、ここからそう離れていない世界で、敵国の指揮官などが集まるという情報が入ったらしい。

とりあえず、皆に報告を……

そう思い立ち上がる。


が、


突然脳裏に、なのはの顔が浮かんだ。

 

なのはにも…?


そんな、こと……

 

私を見て、彼女はどんな顔をするだろう?

あの日から、私の部屋には戻っていない。
だが、そろそろ仕事場の方で寝泊まりするのも辛くなってきている。


「本当に…終わるのかな?」

終わりの見えない戦争に、私は目を閉じた。


 

************


 

一週間ぶりの全員収集に、私は怪訝に思いながら皆と一緒に集まった。

全員に見えるようにと台の上に乗ったその人は、この間まで私の隣りで寝てくれていた人とは思えなかった。

皆よりも特別にしてもらっていたのは、ただ単に私の恐怖を取り除くためだけだったのかもしれない。
彼女だったら、私を可哀想だと思っても不思議ではない。

そう思うと、何故か彼女の笑顔が事務的なもののようで、色褪せて見えた。

「今日の収集は、連隊長殿から直接命令が下ったことの通達だ」

彼女が第一声にそう言った。

「第一、第三、第八小隊。それと、医療班の第二班のみをこの作戦に参加させる。それ以外の者はこの艦に残り、警備に当たれ。作戦開始時間はサンヨンマル時だ」

私を含むのは医療班の第一班。作戦外だ。

「朝食後、作戦参加の部隊、及び班の者は会議室に来ること。以上」

この部隊は人命救助が基本。
それなのに、参加する医療班がたった一班だなんて…。
開始時間が真夜中なのも気になる。

「医療班が出ないなんて、珍しいですね。救助じゃないんですか?」

疑問に思って、隣にいた同じ班の人に声をかけた。

「多分…救助じゃないと思うわよ…。隊長の顔…妙に固くなってるから……あれは多分……」

そこまで言って、その女性も口を噤んだ。

「多分…?」

私は次を促すように相づちを打つが、

「まあ、私達は参加しないし。良いんじゃないかしら?」

彼女は誤魔化すように笑って、続けようとはしなかった。

「フェイトちゃん……」

私は口の中だけで呟いて、彼女のいた方を一度振り返り、部屋に戻った。

 

************


 

「フェイトちゃん?」

真夜中になってから、扉が開いた。
私はそこから現れた影に呼びかける。

「あ、あ~……起きてたんだ?」

曖昧に返事を返した彼女。
その姿も、何だかぼんやりしていた。

「ねぇ、明日の作戦って…何なの?」

いてもたってもいられずに、私は最初からその疑問をぶつけた。

「…な、なのはは作戦に入ってないからいいんだよ」

少し慌てたような口ぶり。
視線を逸らすように、彼女は簡易キッチンに向かった。

「でも、ああやって公表したってことは、極秘任務じゃないでしょ?」

「なんで、分かるの?」

フェイトは冷蔵庫から取り出した肉を持ったまま、振り返った。

「お父さんが軍人だったから……」

「……そう…」

火を付けているフライパンに目を戻し、一言。
だが、それ以上は何も言ってくれない。
諦めたくはなかったが、この間のこともあって、これ以上自分から深く聞くことは出来なかった。

「…でもさ!」

それから何も発さなかった口が、フライパンのジュージューという小気味いい音に負けないように声を張り上げる。

「本当にたいした作戦じゃないから、大丈夫だよ」

フェイトはフライパンの中の物を皿に移してこちらに戻ってきた。

「それと…」

ベッドに座っていた私の隣りに、当たり前のように座った。
だが、一人分くらいの間を残して。

「この間は…ごめんね」

何のことだか分からずに、私は一度首を傾げ、

「あ、あれは…私が出過ぎたことを言ったから……」

思い出し、謝罪した。

「いや、私の言い方も少しきつかったかなって……」

食べる?と聞かれて、私は首を左右に振る。

「結構自信作なんだよ。チャーハン」

「寝る前に食べると、太るよ?」

「今日は起きてるし、夕食食べ逃しちゃって」

苦笑して、いただきますと手を合わせ、一口目を放り込む。

「フェイトちゃん……」

「…何?」

「その……」

 

聞いてはいけない


そんな気がした


でも、


聞かないで蓋をするのは嫌だった

 

「フェイトちゃんが、私に優しかったのは…その…えと……」

張り付いてしまった喉を潤すためにも、一度唾を飲む。

「私が……可哀想な子だったから?」

自分で言っていて、悲しくなってきてしまった。

もし、肯定されたら……。

胸がまた、つきりと痛む。

なん、で…?

私の中で電流が走ったような、そんな感覚に陥った。

私、は…

 

フェイトちゃんに特別に思っていて欲しい……?

 

「なのは…」

私は彼女の声で、反射のように顔を上げた。

「なのはは……他の人より、かなり辛い目にあってきたと思うんだ……」

彼女は、まだそんなに口を付けていないそれをサイドテーブルに置いた。


真剣な紅い瞳。

長い睫毛。

整った眉。

綺麗に通った鼻筋。

柔らかそうな唇。

私は現実逃避のように私を見る彼女の顔に見入っていた。


「だから、私はその心の傷も、身体の傷も……癒してあげたいと思った…」

胸が苦しくなる。

「でも、だからって不憫とか、そういうので接してる訳じゃないよ。そう見えてしまったのかもしれないけど……それだけは言える」

曖昧な答え。

でも、それ以上の答えを求めることは出来なかった。

 

私自身も、今気づいたのだから。

 

フェイトちゃんが、好きなんだと。




続く

内容が迷走してるorz
とりあえず、チャーハン食べたい。

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]