忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間 に 合 っ た







「なのはさん!」

何かが耳に入ってきた。
でも、それを理解しようとは思えない。

必死に誰かが叫んでいるのを、ただ呆然と聞いていた。目に映していた。
別の誰かが、フェイトちゃんの上に倒れていた鉄柱が切断し、どかす。

担架が運ばれてきて、彼女はそこに乗せられた。

私は誰かに腕を引かれて、その場からよろよろと立ち上がった。

彼女が前を先行し、それを眺めていたら、いつの間にか外にいた。
何もない世界かと思いきや、遠くに遺跡が見える。人がいるのか、はたまたいたのか。

「何でです!?」

端末の画面に誰かが浮かび上がり、私を連れてきたその人が口論している。
涙声、否、泣いていた。

通信が切れる。
近づいてきた。

「なのはさん」

よく知った声。なのに、遠くに感じた。

「フェイトさんは…向こうに連れて行けません……」

彼女の名前が出てきて、急に思考が開ける。
何が起きているのかよく分からない。向こうに連れて行く、の意味すら。

「ティア…ナ…」

目の前にいるその人の名前を呟く。

「フェイト隊長は…スプールスに入れないんです」

「なんで…?」

「フェイトさんは…特殊部隊の隊長です。軍の機密事項も伝わっているはず…。…だからっ…例え、死体でも引き受けられないと……向こうは言っています」

ポロポロと、滴が乾いた地面に吸い込まれていくのを見ていた。

彼女は知らなかったのだろうか。いや、知っていたはずだ。

最初から。

絶望や後悔も、心に穴が空いた状態では何も思い浮かばない。
足腰が言うことを聞かなくなって、そのままそこに尻餅をついた。

血液が身体を巡らなくなったような感じ。

頭が朦朧として、

暗転。

 

************

 

私がまた目覚めると、今度は医務室だった。
何故かすっきりとした目覚めに違和感を覚える。頭も身体も冴えているのに、まるで自分の物ではないようだ。
私を見つめている人影がぼんやりと見えた。

「フェイトちゃん…?」

「起きましたか?」

そう言った声は、全く違うものだった。

「ティアナ…」

手をついて身体を起こす。
私は、今度はどれくらい眠っていたのだろう。

「ほんの少しですよ……」

察したのか、そう彼女が言った。

「すみません…」

そして、何故か謝られる。
でも、理由は分かっていた。

「ティアナの所為じゃないよ。フェイトちゃんが、知ってて言わなかっただけなんだから…」

もう、涙も出ない。

あの時、激しい絶望が私を襲ったはずなのに。

「一応、これだけは内緒で持ってきました…」

そう言って私に手渡したのは、あの蒼い宝石だった。

「フェイトちゃん…」

苦しくないと、悲しくないと言えば嘘になる。

でも、空白が出来たはずの心は、温かかった。

ギュッと、それを握りしめる。

冷たいはずのそれに温もりがあったのは、ティアナが持っていたからなのだろうか?

分からないけれど、何故か安心できた。

「フェイトちゃん…今、どこにいるの?」

 


ちゃんと伝えに行かなきゃ。

 


「先程行った世界ですが…」

 


私の気持ちを

 


「そう…。じゃあ、もう一度行かせてもらえるかな?」

 


そして

 

私のこれからを

 

************

 

三度目の茶色い大地は、同じように無機質だった。

でも、空は晴れ渡っている。

「フェイトちゃん…」

木陰には掘り返されたあとの真新しい土。
少し、盛り上がっていて、小さな石と花が置かれていた。

「約束、だからね…」

そっと、赤い宝玉を置いた。

「平和な世界で、待ってるから」

その小さな石に、軽く口付ける。

「愛してるよ……」

立ち上がり、背を向ける。


もう、振り返らなくても良い。

 

だって、あなたは来てくれるから。

 

 

 




 


神様、



 

どうか、また



 

一緒に

 

 

 

 

首元の蒼い宝石が、キラリと光って、熱を持った。

 

 



 


『私、高町なのは。あなたの名前は?』



『フェイト・テスタロッサ……』

 





 

 

いつかまた




 

巡り会わせてください





 

 

 

Fin.
 

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
契り 良かったです。
1日5話の更新お疲れ様でした。とてもすばらしいお話で、思わず泣いてしまいました。先日のコメントの中でフェイトが死なない話も今後書くかもとの事でしたので、是非その話も見たいと思っています。二人が幸せに暮らしていくラストもまた是非是非お願いします。とても読み応えのあるお話ありがとうございます。これからも頑張ってください。
YKさん / 2008/08/15(Fri) /
Re:契り 良かったです。
なんかとっても褒めて貰って嬉しいです。すごく素直にw
な、泣かないでください!(´・ω・`)つハンカチ
少しネタバレすると、二人が幸せになる話じゃな…おぉっと、ここからは内緒のヒミチュ▼ですよ?w
気長に待って貰えると嬉しいです。コメントありがとうございました。
 (2008/08/15)
無題
某茶からきて文章量も多くなかったのでさらっとよんでしまいました。死落ちでも、この置いていったRHにジュエルシードにかけた願いによってユーノが回収されて現代のなのはに届けられるようなパラ視点なかなかですね。
mayuさん / 2008/09/08(Mon) /
Re:無題
初めまして、そしてお褒めの言葉ありがとうございます!
楽しんでいただけたなら幸いです…パラレルは自由度が高い分、考えるのが楽しいです。それ相応に難しいところもありますが…orz
 (2008/09/12)
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]