忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日何時にコミケ行こうかな?








目が覚めると、彼女の寝室だった。
飛び起きて一番に目に入ったのは、彼女の軍服。
滅多に着ないその黒い服は、だが、埃を被ることもなく綺麗に壁に掛けられていた。

隣にある。予備の戦闘服は、一般の隊員とは違い、やはり黒い。だが、色が褪せてしまい、少し灰色がかっていた。

「フェイト…ちゃん?」

彼女は、どこ?

背筋が冷たくなる。
ベッドから飛び起きると、少し足下がふらついた。
首元が鈍く痛い。

一度体勢を崩してしまいそうになるが、手をサイドテーブルについて、身体を安定させた。

「なのはさん?」

振り向くと、彼女の補佐であったあの子。

「フェイトちゃんは?」

それしか思いつかない。
こうべを垂れたティアナの表情は、分からない。

でも、それは……

「ここはどこなの?」

「………スプールスです」

やはり、反対すべきだった。この間みたいに、無理を言ってでも一緒に行こうとすべきだった。

折角保った体勢なのに、足に力が入らなくなって、蹲った。

「私…どのくらい眠ってた?」

「半日です」

まだ、着いたばかりという訳か。
嘆いていたって、何も始まらない。

 

約束したんだから

 

「私をさっきの世界まで転送して」

私は顔をあげてそう言った。
一つの世界なら、大きい転送装置があるはずだ。
それがあれば、さっきの場所まで一気に転送出来る。

「ですが…!!」

「お願いっ!私が直にお願いするから…っ!!」

 


どうしても、

 

どんなことをしても、

 

会いたいよ

 

愛しているあなたに

 

この言葉を

 

伝えなきゃ

 

************

 

結局、その場所に転送許可が下りたのは翌日だった。
そして、その時聞いたことに、胸が張り裂けそうになった。

私は転送されてからすぐに空を飛んだ。
だが、何も見えない。
砂が荒れ狂うように舞っている。

昨日は、そんな事無かったのに。

(なのはさん!!待ってください!!)

(ティアナは待ってて!!)

彼女には悪いが、じっとしていられる程、落ち着いていられる程私は大人ではなかった。

砂埃の中、それに混じって煙が見えたような気がした。
一直線にそちらに向かって飛ぶ。

お願いだから、無事でいて。

それしか、願えなかった。

近づくにつれて砂が止み、現れたのは、巨大な戦艦三つ。
二つは完全に大破していて、もう一つは主砲部分が完全に破壊され、あちこちから煙をあげて半壊していた。

「フェイトちゃん!!」

大声で叫ぶ。念話でも大声で話しかけた。
応答はない。

飛び回って周囲を探すが、人がまばらに落ちているのが確認できただけだった。
その中に、彼女は見つからない。

でも、そう簡単に諦められない。

主砲があったと思われる大きな焦げ穴から、壊れていない戦艦の中へ飛び込んだ。

最初の方に彼女から教わったフィールド魔法を展開して、自分の周りを包み込む。
壊れていないというのは、ただ原型が残っているという意味であり、内部は今にも崩れ落ちそうだった。

一体何が起きたというのだろう。

辺りを見回すと、人がポツポツと倒れていた。
人の焼けこげた臭いに、思わず鼻と口を手で覆った。
そして、血の臭いも。
いつの間にか、身体が蹲っていた。
意識が遠のきそうになる。


あの時の、ように


脳裏で、紅い瞳が悲しそうに私を見つめていた。

……気絶している暇なんて無い。

気を奮い立たせて、自分を取り囲んでいるピンクの膜に付加能力を付け加える。
たったそれだけの出来事なのに、全力で走ったときのように息が荒くなった。

 


(………は)

 


何かが頭の中に響いた。

 


周りの音が消えたような気がした。

 


(……のは)

 


少し、はっきりと。

 


私は走った。

 


彼女は、いる。

 


魔力を探すが、全く見あたらない。
まだ私には、弱い魔力は感知できない。このまま走り回って探すしかないのか。

扉を一つ通りすぎるとき、ガシャンッと何かが割れる音がして、立ち止まった。
Uターンしてそこの扉をこじ開ける。


そこで、私の目に飛び込んできたものは、

 

 


一面の、赤。

 






続く

 

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]