忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なつ静時代劇風パラレル
番外編 なつきの小さい頃の話



************



番外編 イハネバコソアレ



「逃げるんだ!!」

父上の背が見える。

傍には先程乗っていた駕籠が転がっている。

七、八人の布で顔を隠している男達が刀や、槍などの様々な武器を持って父とにらみ合っている。ほぼ真っ暗な中、それだけが見えた。

「そんなこと…!!」

私の傍にいた母上が父上に向かって叫んだ。

「早く行くんだ!!!」

母上は私を抱きかかえ、林の中へ走りだした。

「追え!!逃がすな!!!」

男達が叫んでいる。

「母上!!父上は!?」

不安になって、私は母上に問うた。母上は必死に走りながらも、私に笑いかけて大丈夫よと言ってくれた。

母上の顔の後ろに赤い三日月が見えた。

父上が見えなくなるくらい遠くまで来た。男が数人、こちらにやってくる。

「なつき…」

名前を呼ばれて私は母上の顔を見た。

「お母さんがあいつらをやっつけるから、なつきは出来るだけ遠くまで走りなさい」

そう言うと、私を下ろしてすぐに身を翻して、そいつらに向かっていった。

「い、嫌だ!!母上と父上が一緒じゃなきゃ嫌だ!!!」

私にはあいつらが誰だか分かっていた。父上と母上を殺そうとしているやつらだ。無論自分も。

母上は一度足を止めた。

「なつき!!」

怒鳴られて、私は肩を竦めた。

「強く…生きなさい…」

そう言って、いつもの優しい笑顔で母上は言った。

私は泣きそうになった。が、それを堪えて走り出した。

途中、堪え切れなくて涙がぼろぼろと零れ落ちた。でも足は止めなかった。

 

どのくらい走っただろう。

いつの間にかに私は道に出た。その途中に長い階段があった。私は何も考えずにそこを曲がって、階段を登り始めた。

登りついた先は寺だった。

私はその中に駆け込んだ。

だが、寺の中まで入る訳にはいかず、辺りを見回した。

ふと、耳を澄ませると先程の怪談から足音が聞こえてくる。

私は縁の下の柱の後ろに潜り込んだ。

足音が近づいてくる。

私は怖くて仕方がなかった。身体が震えているのが分かる。

「どこ行きやがった、あのクソガキ」

ぼそぼそとそんな声がする。

足音が更に近づく。縁の下を覗きまわされたら、すぐに見つかってしまう。

 

その時

それとは別の足音が聞こえ、襖の開く音がする。

「…何をしていらっしゃるのですか?」

柔らかい女の声が、そいつに言った。

「おい、あんた、子供見なかったか?」

「いいえ…見ませんでしたが?」

ジャリ、と地面を踏む音と舌打ち。

「くそ、逃がしたか…」

そう低い声が聞こえて、なつきは恐怖に震えた。だが、足音が遠ざかっていく。男はどうやらここにはいないと判断したらしい。なつきは小さく安堵の息を吐いた。

「…あら、もう一人お客様がいらっしゃいますよ」

先程の女の声が随分と近くで声が聞こえ、なつきはとても驚いて後ろがないのに後ずさろうとした。

前を見ると、逆光になって大きな影だけが見えた。いつの間に下に下りてきたのだろう。砂利の音が全くしなかった。手を引っ張られ、無理矢理そこから連れ出される。なつきは抵抗しようとしたが、全く敵わず、簡単に引っ張り出されてしまった。

「……離せ!!!」

抱きかかえられてしまって、その胸倉を思い切り叩きながら言う。

「あら…今度は可愛いお客さんですね」

また別の声になつきはそちらに振り向いた。

そこには、浅紫色の髪を持った女性が立っていた。

「どうしたんですか…?」

優しく問われて、やっと自分を抱えている人の顔を見る。濃い桃色の髪という珍しい色だった。母に似ている、緑色の瞳。

なつきは悲しくなってきて、その胸に顔を埋めながら声を殺して泣いた。

 


私の剣の師匠―――姫野二三先生と風花真白先生との出会いだった。

 

そして、そのお蔭で私は生き延びた。

もしこの人が居なかったら、ここに来ていなかったら、私は殺されていただろう。

私はそこで剣術も学んだ。

父上と母上はもうこの世にいないことも分かっていた。国主が変わったという瓦版があちこちに立てられていたと、師匠が言っていた。

苦しかった。でも、一人じゃなかった。二人は私を愛し、育ててくれた。

 

15歳のある日、私は町へ出た。勿論、父上と母上を殺したやつらを探し出すために。

 

半年近くかかって、私はそいつらを見つけた。

 

それが現国主の裏切りだということも知った。

 

そして、

 

この時から、私は一人になった。

 

そいつらを一人残らず倒したのだから当然だろう。むしろならず者として役人に追いかけられることにもなるだろう。寺の人達にそんな迷惑はかけられなかった。


毎日毎日刺客が来る日々が続いた。だが、そのおかげで強くもなった。

 

そして、私は諦め始めていた。単身で行ったところで、殺されるのがおち。城の中に入るのさえ困難だった。


いつの間にか、私は隣国に来ていた。向こうよりは発達していないが、それでも何故か空気が綺麗なような気がした。

 


ふらふらと裏通りを歩く。こないだの刺客はかなり強くて、こちらも手傷を負ってしまっていた。
人通りは全くない。

そこに急に複数の足音。そして怒声。なつきは少し興味を引かれて、そちらに向かった。
角を曲がると、三人の男が女を取り囲んでいる。

 

――――――私には関係ない。

 

そう思って、気づかれないように身を翻し、もと来た道を戻ろうとした。

 

………くそっ!

 

歩みが止まる。自分でもよく分からない感情。でも、今このまま去ったら何か後悔するような気がした。


「何をやっているんだ…!?」
私はそいつらに向かって言った。目を瞑っていたその女はうっすらを目を開け、こちらを見ていた。

 


それが、出会いだった。

 


―――――――――そして

 

「な~つ~き♪」
 
ガバッと後ろから抱きすくめられる。

「うわぁっ!!」

なつきは思いっきり驚いて、大声を出す。

「な、なんだ!?」

「やかて、なんやボーっとしとるから寂しゅうなってしもうて」

静留はグリグリと顔を摺り寄せている。

「だぁーーー!!!無駄にくっつくなぁ!!!」

なつきはそれを振り払う。

「……いけずぅ」

妙な品を作って、静留は言った。

「全くお前は…!!」

なつきは肩で息をしながら静留から離れる。

「で、何考えてたん?」

静留は柔らかく笑って近づいてきた。今度は純粋に疑問に思っているらしい。なつきは一つ溜息を吐くと、俯いたまま軽く笑った。静留は首を傾げてなつきを見る。

「ふっ…。さあな…?」

静留に向かって不敵な笑みを浮かべると、静留は頬を膨らませながらなつきを上目遣いで見詰めてきた。

「ええやん~」

静留は犬が主人に飛び付くように抱きついた。

「こらっ!!お前はまた…!!」

そう言って笑いながらまたじゃれあった。

 


――――――父上、母上。

 


なつきは空を見上げた。

すると、太陽がこちらに微笑んでいるかのように、暖かい日差しを贈ってくれていた。



Fin.

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]