忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フェイはや祭五日目のやつ
ほのぼのなんだかギャグなんだか



************



「…何やってるの?」

「……」

だが、その返答はない。相当集中しているのだろう。

「はやて…」

「いたっ!?」

足にひもをもつれさせ、はやては転んだ。

「だ、大丈夫!?」

「ふぇ、フェイトちゃん!?」

フェイトが目の前まで駆けてきて、ようやくフェイトの存在に気づいた。
はやてにとっては人生最大と言ってもいい汚点だろう。

「なんや…おったんやったら声かけてくれればええのに…」

恥ずかしいところを見られたと俯き、自分の足下を見た。

「なんで…なわとび?」

小学生の頃ならいくらでもやったが。中三になってなわとびとは…。

「いや、昔よりは良くなったんやけど、それでも体力とか、足腰の筋力とか弱いから…ちょっと練習にと…」

二重跳びがどうしてもできへんのや~、と拗ねるはやてを見て、フェイトは苦笑した。
ふと思いついて、自分の服装を見る。四時間目の体育の後、そのまま遊んでいたので服はジャージのままだった。

「ちょっと、それ貸して?」

フェイトはなわに手を伸ばす。はやてはそれを素直に渡した。
フェイトはそれを手に取り、徐に飛び始めた。

初めは普通に、そして二重跳び、はやぶさ、そして

「何でそんなん飛べるん!?」

「慣れ、れば、何とかっ!!」

三重跳びをしながらフェイトは答えた。さすが雷光の異名を持つだけある(関係ないような気がしないでもない)。

「コツは!?」

フェイトが一度止まる。

「う~ん、足腰の反射と持久力も必要だけど…腕の筋力とか…あとはタイミングかなぁ」

「かなぁって…」

流石運動神経が良いだけある。きっと感覚で跳んでいるのだろう。
何だか悔しくて、はやてはフェイトからなわを奪うと、もう一度構えて跳び始めた。だが、先程沢山跳んだ所為で、足にあまり力が入らない。

「危ないっ…!」

初めはその様子をオロオロと見ていたフェイトが、転びそうになったはやてを抱き上げた。

「ふぇ、フェイトちゃん!大丈夫?」

「はやての方こそ大丈夫?」

フェイトはそう言ってはやてを校舎の階段のところに下ろした。
そして、不意にフェイトの手が太ももに触れた。

「なっ…!?」

訳の分からない行動に目を丸くしたはやて。フェイトはそんなこと気にもとめず、はやての太ももを揉み始めた。

「こんなに固くなるまで跳んで…明日、筋肉痛になっちゃうよ?」

どうやら、フェイトはそうならないようにもみほぐそうとしているらしい。

だが、

「やぁ…っ!」

擽ったさと気持ちよさが一緒に来てしまい、変な声を上げてしまった。

「あっ!ご、ごめん!!」

それで気づいたのか、フェイトはパッと手を離した。はやてははやてで、真っ赤な顔を両手で押さえている。

気まずい沈黙。でも、それを打破できるほど二人の思考は冷静でなかった。しかし、

 

―――――キーンコーンカーンコーン

 

「あ、昼休み終わっちゃった!!」

フェイトは立ち上がった。
早く着替えなければならない、という口実を作って、すぐさまここから離れたかった。
それじゃ、と言って立ち去ろうとする。フェイトの袖を、はやてが引っ張った。

「は、やて?」

振り向くが、俯いた顔からは何も伺えない。
フェイトははやてに合わせて屈むと、視線を追った。だが、それは何かを言おうとして彷徨っていた。

「あの…」

やっと言う決心がついたのか、はやては顔を上げた。

「あの…足が…疲れて動かへんねん」

「?」

言わんとすることが分からずに首を傾げる。はやてはそのまま続けた。

「だから…ここから動けへん。やから…」

段々何をして欲しいのか分かってきて、フェイトは頬を緩ませた。

甘えているのだ、これは。

そうとなれば話は早い。

「はやて…ちょっと揺れるよ?」

そう言って、彼女の背と両膝の間に腕を潜り込ませ、そのまま抱き上げる。

「え!?や、フェイトちゃん!!」

お姫様抱っこは予想していなかったのか、はやては顔を真っ赤にしていた。

「いいからいいから…そのままでいてください、お姫様」

そう言って頬に軽いキスを贈る。


とりあえず更衣室に行くか、保健室か、それとも屋上なんていいなぁ、と次の時間はさぼる気満々のフェイトだった。



Fin.


玄関にある縄跳びで思いついた(安直

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]