忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あ~フェイはや書けないよぅダメダメだ~と嘆いていたときに、中の川の神様が格言を残していってくださいました。

「駄目なフェイはやなんて無いのだよ」

そんなこんなで(?)
フェイ←はや
でもフェイトは出てこない罠。








「はやてちゃ~ん!」

「おぉ~!なのはちゃん!」

亜麻色の髪を揺らしながら、手を振っている彼女に手を振り返す。

「珍しいな、こないなところで会うなんて」

「うん。ちょっと用事があってね…」

地上本部ではなく本局に用事なんて、そんなにないはず。
きっと彼女を迎えに来たと言ったところだろう。

「フェイトちゃん帰ってくるの、今回は何週間ぶりなん?」

だからカマを掛けてみた。

「えっと…三週間ぶり…ってえ!?」

かなり浮かれていたのだろう、簡単に引っかかった。

「な、なんで分かったの?」

「なのはちゃんの顔に書いてあった」

意地悪な笑顔で返すと、少し拗ねたように頬を膨らませた。
彼女は、こんななのはちゃんも好きなんだろう。

「はやてちゃん、最近輪を掛けて意地悪になったよね…」

「偉くなると意地が悪くなるんよ」

本当はそんなんじゃない。
彼女の隣にいられるなのはちゃんに、嫉妬しているから。
醜い感情も、伝えたい気持ちも、全部冗談で塗りつぶしてしまえ。

「ホント、意地悪だよね。フェイトちゃんみたい」

「へ?」

「フェイトちゃんも最近意地悪になってきちゃって」

「はいはい、惚気はそこまででええ」

フェイトちゃんの意地悪と、私の意地悪は違う。
好きな子は苛めたくなるってやつだ。……小学生の男子か。

「の、惚気なんかじゃないよ!」

「いや、惚気以外のなんでもない思うけど」

フェイトちゃんの近況を聞けると思うと、惚気もどうにか聞けるけど。
やっぱり辛い。

どう頑張ったって、私はなのはちゃんにはなれない。
だから、どう頑張っても、私は彼女隣にはいられない。

……ずるい。

「フェイトちゃん、あとどのくらいで帰ってくるん?」

「ん~、一時間ちょっとかな」

「じゃあ、ご飯付き合ってくれへん?私まだなんよ」

「うん、いいよ」

帰ってきたフェイトちゃんは、きっとまだご飯を食べてないだろう。
丁度よく、私自身もこれと言って予定はない。
彼女に会えるかもしれない。

「ありがとな。せやったらいくらでも惚気聞いてあげるわ」

「だ、だから違うってば!」

そう思うだけで嬉しくて、そして、胸が苦しかった。
 


Fin.

 

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]