忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

反転してください





「フェイトちゃっ…!!ちょお待って…!」

ベッドに担ぎ込まれて、はやては冷や汗をかいて言った。
フェイトはそんなはやてを無視して、深く口付ける。

「むぅっ…!」

淫靡な音が口内を占領する。

「駄目…?」

子犬のような上目遣いにドキッとした。
先程の強引さはどこへいったかと思うほどだ。

「あかん…訳やない」

そう言うと、パッと顔を明るくして、軽く口付けてきた。
いつまで経ってもあの顔は慣れない。

「んっ…!!」

生暖かい舌が、はやての身体を這い回る。

「服、脱がせるよ?」

短くそう言って、はやての衣服を脱がしていく。
自分自身の服もベッドの横にまき散らしていった。

「はやて…」

低く暖かい声が、はやての身体に響いた。
肉食動物のようにギラギラした両眼が、はやてを見つめている。
フェイトはそのまますぐに胸の突起を弾いて遊び始めた。

「んぅ…はっ…」

いきなりの快感に、身体も心もついていかない。
それでも声を抑えようと、両腕を顔に持っていった。

「んあっ…!!」

乳首の片方を咥えられて、思わず声を出した。

「きもひいい?」

「や、ぁっ…はなさん、といてぇっ…!」

微妙な刺激でさえ、快感を伝えてくる。
フェイトはそれを嬉しそうに見ると、その突起を吸い上げ、もう片方は先端を弄りながら全体を揉んだ。

「ふあっ…や、やめっ…いうた、のにっ!!」

「だって、離さないでっていったから…」

「そ、そっちじゃなっ…!!」

分かっていて、わざとそっちの意味で取ったのだろう。
腕の間から見える紅い瞳は、弧を描いていた。

「ふっ…ん、んっ…!」

弄られるたびに、下腹部にもどかしさが溜まっていく。
はやてはは無意識に腰をフェイトに擦りつけていた。

「どうしたの?はやて」

この顔は分かってる顔だ。
でも、こういう時のフェイトはかなり意地悪だ。絶対言わなければしてくれないだろう。
はやては呼吸を落ち着けようとするが、彼女の手は休むことなく動いている。

「あ、やっ…もう…!!」

言葉が続かない。そんなはやてを意地悪な笑みを浮かべてフェイトは見ている。

「何?聞こえないよ」

「ほしっ…!ほし、い…んっ!!」

「何が?」

「やか、あぅっ…!やから…!!」

段々泣きそうになってきた。
フェイトはその様子に苦笑すると、目尻に溜まった涙を吸い取った。

「意地悪すぎたかな?ごめんね…」

フェイトはそう言うと、舌ではやての身体を巡りながら、顔を下腹部まで下げていく。

「気持ちよかったんだ…?」

はやては懸命に頷いた。

「…良かった。嬉しいよ」

そう言って、はやての秘部に舌を伸ばした。

「ふあぁっ!!」

来て欲しかった刺激がようやく来て、はやては大きな声を上げた。

「うん、もっと声聞かせて?」

はやては言われるままに手を顔からどけて、フェイトの頭を押さえる。
フェイトはそれに合わせて、はやての陰唇を嘗め上げる。

ピチャ、ピチャ、チュル

「あ、やぁっ…!!ぁんっ!!」

「可愛い…はやて」

フェイトは舌先を尖らせて、顔を出している蕾をクリクリと弄った。

「あ、あっ!!やっ!!やぁああっ!!」

ピンポイントから来る激しい快楽に、はやては一瞬目の前が真っ白になったのが分かった。
フェイトの髪をクシャリと掴む。

「イったの?」

フェイトの声も何だか遠い。意識が落ちてしまいそうだ。だが、それは別の快楽で止められた。

「は、んっ!?」

指がはやての膣に差し込まれたのだ。

「はやて…」

中で指が動き出す。始めは緩く、段々強く擦り上げて。

「んっ、あぁっ!ふぇい、と…ちゃっ!!」

哀願するようにフェイトに向かって手を広げる。
その意図を理解して、フェイトは上に戻ってきて、はやてを抱きしめた。
再び深く口付ける。

…チュル…クチュッ…

「むぅっ…ふっ、は、ぁっ」

フェイトははやての舌の味を楽しみながら、入れていた指を二本に増やして、貫いた。

「んんっ!!ん~っっ!!!」

フェイトの下ではやてが痙攣する。フェイトは指をそれに合わせて緩く動かして、嵐がやむのを待った。

「ぷはっ、あ、は…」

「はやて…?」

優しく頭を撫でながら呼びかける。

「ふぇいと…ちゃん…」

「ん?」

「ねむい…」

最近は殊更忙しいのに、無理をさせてしまっただろうか?
目をゴシゴシ擦る様は、幼い子供のようで可愛かった。

「それじゃ、このまま寝よう?」

フェイトが抱きしめて背中をさすっていると、すぐに寝息が聞こえた。
それを確認すると、フェイトも眠りの世界に入ろうと目を閉じた。

愛おしい人の温もりを感じながら。

 

Fin.



はやてはおねむの時相当可愛いと思う。
フェイトは寝起き。
なのはは…すんませんorz(ぇ

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]