忍者ブログ
更新は致しておりません。申し訳ありません
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
休止中
web拍手
誤字脱字の指摘もお願いします<(_ _)>
プロフィール
HN:
はらまき
趣味:
妄想しかない
無駄な一言
最新コメント
[09/13 藤猫]
[09/08 mayu]
[08/23 nao]
[08/15 YK]
[07/15 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フェイなの
シリアス



************
 

「それじゃ、また明日ね!!」

「うん、また明日」
  
金髪の少女―フェイト・T・ハラオウン―は自分の恋人である亜麻色の髪の少女―高町なのは―の手を離した。

可愛い笑顔をこちらへ向けて、手を振ってくる。自分も振り返す。

なのははさらに嬉しそうに笑うと、小走りに家へと向かっていった。

なのはは振り向かない。

よく分かっていた。いつも見えなくなるまで後ろ姿を眺めているのだから。

フェイトはそれを見送ると、自分も家路についた。

 

 


傾いて、辺りを真っ赤に染めている夕日。何となくもの悲しくなって、少し歩みを早める。

 

だんだんスピードが早くなる。全力疾走。

 

体力のあるフェイトだが、ペースを考えずに走ったため自分のマンションの前で手を膝に付いた。

目をつぶりながら息を整える。すぐに息切れは止まり、目をゆっくりと開けた。

 


ふと、右手が目に留まった。まだ温もりを残した手。


身体を起こし、手を見つめる。陽で赤く染まった手。


フェイトは顔を上げると、太陽に手を翳した。そしてゆっくりと、何かを握り締めるように閉じた。

 

―――恋しい

 

フェイトの心はそれでいっぱいだった。胸が苦しくて、涙まで出そうになる。
少し潤んでしまった目を乱暴に擦って、その顔に切なさと悲しみを残したまま、マンションの中に入っていった。



Fin.



突発

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 何が何だか分からない All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]